reina_souji

レイナのエッチな体験談

【中学時代】クラス男子にオナニーを見せてもらおうとした話

レイナが貢ぎくんやM男くんを探すのによく使うのがマッチングアプリ。 相手の身元が保証されるので安心。パパ活女子にもおすすめだよー!
⇒レイナが最近よく使うアプリはこれ ハッピーメール

中学の頃、レイナの前で我慢汁出しちゃったクラスメイトのKクン。

そんなKクンとの思い出はまだあってね、その続きを書こうと思う。

▼今回の話は、前回の話の続きになるね。

前回、中2のときKクンのオナニーを初めてみたんだけど、それ以来、Kクンはレイナのことを意識しちゃってたみたい。

授業中とか、休み時間とか、ふとしたときにKクンの視線を感じるんだよね。

それでいて、Kクンと目が合うとKクンはすぐに顔をそらしてたけど。

そんなことあり、レイナも今まではどうでもいいヤツとしか思ってなかったKクンのことをほんのちょっぴり意識するようになった。

それは好きとかいう話ではなく、なんかかわいいなぁという感じかな。

一応、前回のオナニー事件は、絶対に他の人には言わないで欲しいとKクンにお願いされていたので、クラスの友達には言いたかったけど我慢してた。

でも当時付き合ってた彼氏には言っちゃったけどね。笑

「レイナをおかずにしてたクラスメイトがオナニーさせられてたよ」ってね。笑

中学3年になってまたKクンと一緒のクラスになった

中3に上がって、クラス替えがあった。

うちの学年は4クラスしかなかったから、クラス替えをしても、メンツはあまり変わらなかったりする。

そしてKクンとは、はたまた一緒のクラスになっちゃった。

これでKクンとは中学3年間ずっと一緒のクラスだったことになるかな。

中3になって掃除当番がたまにKクンと一緒になることがあるの。

掃除場所は多目的室。多目的室といっても狭くて、ダンボールとががたくさん置いてあって倉庫的な感じになってるとこ。

ここを昼休み後の掃除時間に2人で掃除をする。

掃除場所や当番は色々と入れ替わるから毎日Kクンと一緒に掃除してたわけじゃなかったけど、1週間に1回くらいはKクンと多目的室を掃除してたかな。

前に書いたけど、中2のときKクンのオナニーを見て以降も、特にKクンとはちゃんと会話をしていない。

別にレイナが避けているわけじゃないけど、Kクンがレイナに対して気まずいみたいな感じ。

Kクンはもともとおしゃべりなタイプじゃないし、クラスでもあまり目立たないタイプってのもあるけどね。

「Kクンは毎日オナニーするの?」と聞いてみちゃう

ある日、Kクンといつも通り掃除をしてたら、

「レ、レイナちゃん、、、ちょ、ちょっとお話が、、、」

と嚙み嚙みのつたない感じで話しかけてきた。

「なに?」

レイナがそう聞くと

「ま、前にさ、変なとこ見られちゃったじゃん…?ほんとにごめんない。」

Kクンはいきなり謝ってきた。

「別にいいよー」

いま思うと、あのオナニー事件は、Kクンにとっては忘れられないトラウマ的な思い出になってたのかもしれないね。

「あ、、ありがとう。ずっと怒ってるかと思っててさ…あんなの見せちゃって…」

「いいよ、彼氏のよく見てるし」

「そ、そうだよね、レイナちゃん年上の彼氏いるもんね」

レイナはこのときから彼氏と毎週のようにセックスしてた。

だからKクンなんかの子どもチンチン見てもどうとも思わなかった。

「Kクンは毎日オナニーするの?」

Kクンとエロ会話とか今まで一度もしたことなかったけど、このとき初めて聞いてみた。

「えっ…うん。いやまぁ…」

歯切れの悪い返事が返ってきた。

Kクンは次第に顔を真っ赤になってくる。

なんか面白い♡

ここでオナニーさせちゃおうかなぁ笑

クラスの男子ってみんなガキとしか思ってなくてぜんぜん興味なかったけど、おちょくると面白そう、とこのとき思ったの。

「前に男子が言ってたけど、レイナのことオカズにしてんでしょ?」

またおちょくってみる。

「ほんとにごめんない…」

Kクンは顔を真っ赤にして謝ってくる。

「誰にも言わないからさ、どうやってレイナでオナニーするのか教えてよ。」

ちょっと興味が出てきて、半分からかってみる。

「えっ、そ、そんな…。」

「みんなに言っちゃうよ?クラスの女子に言っちゃおうかな〜」

もうKクンをさんざんからかっちゃってるよね笑

「い、言います、言います。ちゃんと言います。」

Kクンは慌ててそう言った。

このときレイナも面白くなってきちゃって、どんどんエスカレートしてちゃった。

もう掃除どころじゃないよね。

「レ、レイナちゃんが…彼氏とエッチなことしてるとこ…想像しながらやるんです」

Kクンは恥ずかしながら白状した。

「えぇ、バカじゃないの?」

自分で言わせといて、バカ扱いしちゃった。笑

いや、ほんとにオカズにされてるんだぁって思うと、なんか急に恥ずかしくなっちゃたんだよね。

「ごめんなさい。。」

Kクンはまた謝ってくる。

でもね、こんなKクンを見ていると、ほんとにからかいたくなってくるよね。

「男の人のオナニーって始めてみたんだよね。ああやっているもするの?」

「う、うん、まぁ」

「へぇ〜、またオナニーでもしてもらおうかなぁ〜?前回は白いの出してないもんね?笑」

「えぇ、そ、そんな。。し、白いのって、、、」

ふふ、マジでここでオナニーさせちゃおうかなぁって、このとき思ってた。笑

だって、前回はさ、透明な我慢汁は出てたけど、白いお汁はまだ見てなかったんだもん。

やっぱ、思春期女子からしたら、男の子がシコシコしながら逝っちゃうところはみたいよね。笑

キーンコーンカーンコーン

ここでちょうど掃除が終わるチャイムの音が鳴った。

あらら、いいところだったのに。

この話の続きは、また今度書くね。

レイナが貢ぎくんやM男くんを探すのによく使うのがマッチングアプリ。 相手の身元が保証されるので安心。パパ活女子にもおすすめだよー!
⇒レイナが最近よく使うアプリはこれ ハッピーメール
このブログじゃ書けない、ちょっと過激でヤバい記事はnoteで有料販売することにしてみた。興味ある人は買ってねん♡
⇒過激な記事をちょっと見てみる

コメント

    • よしき
    • 2017年 4月 24日

    初めましてレイナ様。
    ブログの内容が刺激的すぎて最近オナニーが止まりません。
    自分の貢いだお金で他の男とセックスされている妄想すると勃起がおさまりません。
    ラブホテルまでの足になってホテル代もだして自分は二人がしている間車内で惨めにオナニーしたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 1014_%e5%90%91%e3%81%8b%e3%81%86%e9%80%94%e4%b8%ad
  2. 012000
  3. 013_reina
PAGE TOP